地域社会と共に

友愛会は地域社会とのコミュニケーション・共創を通じ、
これからの未来も共生できるよう活動していきます。

SDGsへの取り組み

出典:外務省HP(https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/index.html)

SDGsとは

SDGsとは、2015年9月に行われた国連サミットで、全会一致で採択された「持続可能な開発のためのアジェンダ2030」に掲げられた目標のことです。

2016年から2030年までの国際目標で、17の大きな目標と169の具体的なターゲットで構成されています。

地球規模での持続可能な社会づくりを目指して、2030年に世界がどういう状態になっていなければいけないかという成果目標を掲げています。

友愛会も企業支援を通じて、積極的に取り組んでいきます。

企業支援のきっかけ

理事長メッセージ 「ロビン・リムさんとの出会い」

友愛会は「地産・地育・共創・友愛」というビジョンを掲げ、

域やそこに住む人々(患者・利用者・職員など)の
 幸せに繋がる仕組みや活動をみ出し
 大切にむこと
 また地域の方々と造していくなかで
 互いの理解を深め、友愛の精神でつながるということ

をめざしており、これは次世代、そして次々世代にバトンタッチできる地域をつくるための活動といえます。

ある日、現代のマザーテレサと称されるロビン・リムさんが来日されるという話を知人から聞き、私はその講演会に参加することとなりました。
講演は言うまでもなく素晴らしい内容でしたが、それと同時に私の心をつかんで離さなかったのは、講演会の主催者であるアース・カンパニーのビジョンと、その活動内容でした。

アース・カンパニーは、

~ この地球は、先祖から継承したのではなく、私たちの子供たち、子孫から、借りているのです ~

というネイティブアメリカンの格言を活動指針とし、「次の世代に残せる未来」の創造をめざし活動されています。まさに、私たち友愛会の想いと一致していると感じたのです。フィールドは違えど、想いは一緒。

この若きエネルギーに満ちたチームの活躍を願わずにはいられません。

アース・カンパニーの紹介

アース・カンパニーは「次の世代に残せる未来」を創出すべく、SDGsの課題解決に取り組み、社会変革を起こす「人」と「団体」を支援・育成しています。

事業概要
1. IMPACT HEROES[インパクト・ヒーロー支援事業]

SDGsの課題解決に向けて、並外れた変革力を持つアジア太平洋の途上国の社会起業家を年に1人選出し、3年間にわたって、
① 活動を拡大するための資金調達(1000万円以上)
② 支援ネットワークを拡大するためのマーケティング支援
③ 団体運営に必要なNGO経営コンサルティング
の3つの支援を提供しています。

今までに支援してきたIMPACT HEROたち

IMPACT HERO 2019 ウェイウェイ・ヌー
活動国:ミャンマー
運営団体:Inclusive Futures Foundation創設者
活動内容:ロヒンギャ族などミャンマーの少数民族、女性に対する教育、能力開発、法的人権保護、そしてアドボカシーによる民族間の平和構築と平和的平等の促進
取り組んでいるSDGs:4「質の高い教育をみんなに」、10「人や国の不平等をなくそう」、16「平和と公正をすべての人に」

IMPACT HERO 2018 ジョンピエール・モンティリヤ
活動国:フィリピン
運営団体:Gabay Foundation 代表
活動内容:薬物や売春に巻き込まれるストリートチルドレンの更生支援
取り組んでいるSDGs:3「すべての人に保健と福祉を」、10「人や国の  不平等をなくそう」、16「平和と公正をすべての人に」

IMPACT HERO 2017 キャシー・ジェトニル=キジナー
活動国:マーシャル諸島・ミクロネシア・アメリカ
運営団体:Jo-jikum共同創設者
活動内容:気候変動の影響による国土や文化の水没の危機から自国を守る  ため、次世代環境リーダーを育成するプログラムやトレーニングを実施
取り組んでいるSDGs:13「気候変動に具体的な対策を」、14「海の豊かさを守ろう」、15「陸の豊かさも守ろう」

IMPACT HERO 2016 ロビン・リム
活動国:インドネシア・フィリピン
運営団体:Bumi Sehat Foundation 代表
活動内容:貧しい妊産婦に24時間365日無償医療を提供するブミセハット国際助産院を20年以上にわたり運営。被災地支援や過疎地への往診、助産師育成なども行う
取り組んでいるSDGs:1「貧困をなくそう」、3「すべての人に保健と福祉を」、10「人や国の不平等をなくそう」

IMPACT HERO 2015 ベラ・ガルヨス
活動国:東ティモール
運営団体:Leublora Green Village 代表
活動内容:環境教育を行うルブロラ・グリーンスクールに加え、エコツーリズムやオーガニック農業など国内初の持続可能な発展モデルを展開し、地域経済を活性化
取り組んでいるSDGs:1「貧困をなくそう」、4「質の高い教育をみんなに」、5「ジェンダーの平等を実現しよう」

2. IMPACT BALI[バリ島ソーシャル研修事業]

SDGsの課題を解決し、持続可能な未来を実現できる人材を育成するために、人本来のあり方と地球・自然環境を大切にするソーシャルイノベーションの宝庫であるバリ島・ウブドでソーシャル研修を提供しています。

3. IMPACT CONSULTING[コンサルティング事業]

公益性と収益性を実現し、課題を生み出さない社会を築けるようなアドバイザリーを提供。その一環としてサステナブル経営に本気な企業同士が学び合えるプラットフォーム「Operation Green プロジェクト」に取り組んでいます。

地域とのコミュニケーション

マドレボニータとのコラボレーション

はじめまして!認定NPO法人マドレボニータの山本裕子です。
この度、友愛会さんと一緒に、出産後の女性・家族をサポートすることになりました。

突然ですが、出産はゴールではなくスタートです。
また、そのスタートには”3つ”の意味があると考えます。

一つ目は、”親”としての新たな人生のスタート、二つ目は、”夫婦”にとって子育てという新しいステージのスタート、そして三つ目は、”家族の関係性”を大きく変化させるスタートです。

親として、また夫婦にとって、そして家族にとっての新たなスタートである妊娠期~産後をどう過ごしていくか?は、その後の人生を大きく左右します。
丸腰で迎えればピンチを迎えることもありますが、しっかり準備をして臨めば、その後の人生をより豊かにする大きなチャンスにもなります。

そんな妊娠期~出産後の時期をサポートする、認定NPO法人マドレボニータ。
この岐阜では2010年より、認定インストラクターでもあり、2児の母でもある山本裕子が、多くの産後女性やその家族に産後ケアをお伝えしてきました。

そんな中、岩砂智丈理事長とお話する機会があり、お互いの活動の目指すところが同じであるなら一緒にとりくんでいこう!と、2018年10月より岩砂病院・岩砂マタニティにて「産前・産後の母親サロン」と「産後ケア教室」を開講する運びとなりました。

大変貴重な機会と場に感謝しつつ、一人でも多くの母が、一つでも多くの家族が、より豊かな人生を歩んでいけるよう、また、友愛会のみなさんにとっても「マドレボニータとタッグを組んでよかった!」と思っていただけるよう、精一杯精進していきたいと思います。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

グリーンサロン、長良カフェ

福光グリーンホームや長良グリーンビレッジでは、ボランティアの方々のご協力もいただきながら、毎月1回地域の方々が気軽に集まれるサロン・カフェを行っています。お茶を飲みながら参加者同士でおしゃべりしたり、認知症サポーター研修や筋トレ教室などのさまざまな交流の機会を設けています。

夏祭り・文化祭

友愛会の各施設で夏祭りや文化祭を催しています。利用者さんやご家族だけでなく、地域にお住まいの方々など多くのご参加をいただいき、いつも盛況です。

地域交流スペース ふらっと広場

You&I(ゆうあい)の森 いわのだ に併設している「地域交流スペース ふらっと広場」は、まるで公民館や児童館のように地域の方々に自由にお使いいただける場所です。地域の会合や趣味サークルなど、どうぞお気軽にご利用ください。

どう生(逝)きるかい(会)

長良医療センターと高木医院、そして地域包括支援センターとの共催で年に2回開催しています。昔は自宅で家族を看取ることが身近でしたが、現在はそのような機会はほとんどありません。そのため、私たちにとって“どう生(逝)きるか”が分かりづらいものとなってしまいました。自分らしい生き方、自分らしい人生の締めくくり方を、地域の方々がそれぞれで考えることができるきっかけとなるよう、毎回さまざまなテーマで開催しています。

未来の人づくり

インターンシップの受け入れ

地元の中学校や高校からのインターンシップ(職場体験実習)を、積極的に受け入れています。看護師などの仕事の様子や、患者さんや赤ちゃんとのふれあいを通じて、未来を担う子どもたちが夢を実現したり将来の生活設計ができるよう、少しでも役に立ちたいと考えています。

「夢プロジェクト」への協力

「夢プロジェクト~ぎふの産婦人科医の魅力~」とは、医師をめざす医学生に対して産婦人科に興味を持ってもらうために行っている活動です。調査によると、岐阜は全国的に見ても産婦人科医師が不足している地域です。このプロジェクトをきっかけに、学生が岐阜県で産婦人科医となりお産難民を生み出さないこと、また全国の産婦人科医のネットワークが広がることを願い、この活動に協力しています。

「志講演会」での講演活動

山県市内の中学校では、さまざまな分野の仕事内容を知り、その職業にいかにやりがいと誇りをもっているかを学ぶために「志講演会」が催されています。山県グリーンビレッジでは、この講師のご依頼を受け、中学生の皆さんに介護の仕事を熱く語っています。

社会貢献

献血活動

友愛会は「献血サポーター企業」として登録しています。年に1回、岐阜赤十字血液センターの献血バスに岩砂病院・岩砂マタニティまでお越しいただき、献血活動を行っています。スタッフだけでなく、来院中の患者さんにもご協力いただいています。

消防団協力事業所

山県グリーンビレッジ・長良グリーンビレッジでは、スタッフが山県市消防団の一員として活動を行っています。地域防災の中核的存在である消防団は、全国的にも年々団員数が少なくなっていますが、事業所として消防団への協力を行うことで地域防災体制の一層の充実に寄与しています。

各種協賛

地域社会が活力にあふれ、人々のつながりを絶やさないために、地元でおこなわれる行事やお祭りなどを守り続けていくことも重要です。そのため、友愛会はこうした活動にも協力しています。

  • 長良西納涼夏まつり
  • 長良地区市民運動会
  • 三田洞さくら祭り
  • 岩崎みこし祭り
  • 伊自良夏祭り
  • 伊自良運動会
  • FC岐阜 など

その他

  • 山県市高齢者緊急一時保護事業協力締結施設(山県グリーンビレッジ)
  • 山県市災害発生時における福祉避難所の設置運営に関する協力締結施設(山県グリーンビレッジ)
  • 岐阜県災害福祉派遣チーム登録:2名(山県グリーンビレッジ)
  • 山県市地域見守りネットワーク事業の実施に関する協定締結施設(山県グリーンビレッジ)
ページトップ