看護部

看護部長あいさつ

私たち看護部は、地域の皆さまと心が通い合う医療サービスを提供するため、看護部理念である“地域包括ケア”の実現を目指しています。
チーム医療の要となり、チーム医療の推進役・調整役であることを自覚し、安心・安全な医療の提供に努めてまいります。 厚生労働省が推進する『地域包括ケアシステム』は住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるようになることを目指しています。
そこで、看護職の役割・使命は、地域で生活できるための支援者として多(他)職種連携、在宅医療の推進と実現に向けて地域包括ケアの担い手となり認知される看護職を目指します。
まず、地域包括システムのスキームを実現するための人材確保:地域で活躍できる人材育成。また、「看護職がどう動けば医療・介護が良くなるか」「多(他)職種に託せない看護職の役割は何か」を切磋琢磨して、「制度は現場から作られる」を合言葉に好循環に制度を動かす。そんな看護部を構築したいと考えています。

看護部の理念

地域包括ケアにおける看護(ナースはキュア・ケアのマネジャー)

  • 患者を生活者、人生の生きる人として捉え、病態予測に基づき、一歩前行く道案内
  • 伴走する看護

看護部基本方針

  1. 看護倫理、根拠に基づいた安全で安心できる看護を提供します。
  2. 専門職業人として質の高い看護が提供できるように自己研鑽に努めます。
  3. 他部門と連携・協働しチーム医療の向上に努めます。
  4. 効率的・効果的な看護を実践し、病院の健全経営に参画します。
ページトップ