看護部

看護体系(看護基準)

一般病棟 入院基本料 7対1
回復期リハビリ病棟 入院基本料 13対1

看護体制

固定チームナーシング 継続受け持ち制(産科は機能別)

個々の患者さんに対して受持ち看護師が入院から退院まで責任をもって看護を提供し、それを固定したリーダーやメンバーが支援します。更にそれぞれのチームリーダーが中心となり、ケアの質向上及び看護師の向上のために年間目標に即して、看護活動をおこないます。

勤務体制

2交代制勤務 病棟(2階 3階 4階)
当直体制 内科外来
オンコール体制 2階(産科)病棟

看護部委員会

友愛会理念・看護部の理念を念頭に、今年度の活動方針に基づき、看護活動を実践していくことが医療(看護)の質の向上につながります。その活動を組織的に展開するために、以下のような委員会を組織し、運営しています。

看護部委員会

看護管理
看護師長会議
継続教育 主任・看護教育委員会
看護業務 看護業務改善委員会
看護基準・手順委員会
看護記録委員会
広報 看護自治会

院内委員会

  • 教育研修委員会
  • 広報委員会
  • 業務改善委員会
  • 褥瘡対策委員会
  • BCP委員会
  • ドック推進委員会
  • CS委員会
  • 安全対策委員会
  • 労働安全衛生委員会
  • 給食委員会
  • 感染対策委員会
  • 診療情報管理委員会
  • NST委員会
  • システム委員会
  • 個人情報保護検討委員会

部署別紹介

内科外来

内科外来は、近医のクリニックや高次機能病院と密に連携しています。来院される患者さんに安心して治療を受けていただけるように、スタッフ全員が笑顔で思いやりのある態度で接するよう心がけています。

小児科外来

小児科外来は、一般外来、予防接種、乳幼児健診、ぷあぷ外来(当院で出生された3ヶ月未満のお子さん対象外来)、1歳以降のイベントを行っています。保護者の方の不安、困っていることに親身になって相談に乗り、親切でていねいな対応を心がけ、スタッフ一同お子さんの成長発達を見守っています。

婦人科外来

婦人科外来は、乳がん検診・子宮がん検診・レディースドックをはじめ女性生殖器疾患、更年期障害、月経に関する相談・診療を行っています。
診療は完全予約制で産科や内科とは入口が別になっており、気軽に来院していただけます。
婦人科外来スタッフ一同、常に患者さんの立場に立ち、より良い診療を受けていただけるよう心がけています。

産科外来

産科外来は、完全予約制です。
妊婦が安心して妊娠期間を過ごしていただくために、妊婦健診から助産師外来やマザークラス、栄養教室、妊婦体操、マタニティビクス、マタニティヨガ、マタニティアロマなど案内しています。
超音波検査は4Dを取り入れ、赤ちゃんの成長をリアルに感じていただけると思います。
仕事帰りでも受診しやすいように夕方診療は19:30まで行っています。
産後は、母乳外来にて授乳や育児の応援をいたします。

2階病棟(産科病棟)

産科病棟は、助産師(アドバンス助産師13名含む)、看護師が患者さんの個々ニーズに合わせ、安全で安心できる看護サービスの提供に努めています。
妊娠中は母親学級(両親学級)・助産師外来などを担当し、妊婦さんの不安の除去や分娩への知識の提供を行っています。
産後は母乳外来にて産後の生活指導や授乳指導を行い、切れ目のない援助に努めています。
スタッフの新人教育は、安全なお産の援助が行えるよう先輩スタッフが密に関わり、指導を行っています。
また、学生指導では、年間通じて看護大学や看護専門学校の産科・助産実習を受け入れており、後進指導に力を入れています。

3階病棟(回復期リハビリテーション病棟)

回復期リハビリテーション病棟は、「リハビリは365日実施」という目標のもとに、患者さん1人ひとりに応じたQOLを高める生活を目的とした看護を心がけています。
一般社団法人 回復期リハビリテーション病棟協会認定の「回復期リハビリテーション看護師」が核となり、リハビリへの意欲向上、快適な入院生活が過ごせるように元気で明るい病棟作りに努めています。

4階病棟(急性期・地域包括ケア病棟)

内科病棟は、60床あり、循環器、消化器、呼吸器、内分泌、脳卒中などの疾患を急性期から終末期まで幅広い医療を提供しています。
地域包括ケア病床は、急性期の治療を終えた患者さんの在宅復帰までの治療やリハビリを目的としています。
私たちは、患者さん・ご家族の思いを尊重し、病診連携・看看連携を通して、いつも皆さまの傍らでキュア・ケアをしていきたいと思います。

ページトップ