友愛会の人

友愛会の理念・ビジョンを体現する私たちの大切な人財。友愛会のメンバーについて、ご紹介します。

生まれ育った長良の地で予防医療の普及に貢献していきたい

友愛会を選んだ理由

長良は私が生まれ育った場所であり、現在も家族と住んでいる、とても愛着のある土地です。
内科と糖尿病の専門医として、これまでに得られた知識と経験を地域の予防医療に活かすことができないか?と思っていた時期に院長先生から「糖尿病専門 医として、当院で予防医療に力を発揮してほしい」と声をかけて頂いたことがきっかけとなり、働かせて頂くことになりました。

当院の診療体制

診療に対するスタッフのフットワークが軽く、様々な患者さんの状況に合わせた提案ができます。さらにスタッフ間の距離が近く、診療に関わるほとんどのスタッフと直接顔を合わせて「患者ファーストの診療」に向けた協力が可能です。

医師としての生き甲斐

患者さんの生活様式や家庭環境などの背景を考慮した上で治療方針を決定することを大切にしており、医療スタッフと共に考え、介入することで   少しでも患者さんのQOL(生活の質)が向上し、より長生きをしたいと思って頂けることが私の医師としての生き甲斐です。

メッセージ

治療によって病気が完治する事が最も望ましいですが、残念ながらそれが叶わない場合、患者さんが病気と共存しながらも生き甲斐をもって過ごして頂けるような医師としての関わり方を大切にしています。

毎日、笑顔で仕事とプライベートを両立していきたい

働き方について

私は入職して16年になりますが、友愛会は様々なライフスタイルに応じて、柔軟に対応する職場環境が整っており、スタッフ同士の関係も良好で相談がしやすいため、長く働ける職場だと思います。
入職当初、子育て中でブランクがありましたが、職場の皆さんに優しく教えていただき、家庭と両立しながら働くことができました。

多職種連携について

長年、内科外来で勤務しており、患者さんが住み慣れた地域で治療しながら生活できるように、多職種で連携しながら支援しています。
患者さんやご家族からご相談をいただき、一緒に問題解決をした際に感謝の言葉を頂けることもあり、とてもやりがいを感じます。
これからも毎日笑顔で過ごせるように、仕事とプライベートを両立させていきたいです。

メッセージ

これからも毎日笑顔で過ごせるように、仕事とプライベートを両立させていきたいです。

母子に寄り添い、経験を積み重ねることでやりがいへとつながっていく

友愛会の教育体制について

私は助産師として働き始めて、3年目となります。
当院では、看護師としての技術も身につけるべく、内科研修を行います。
また日々の業務で困った時は、大勢いる助産師の先輩にすぐに相談することができます、新卒でも安心して働くことができ、教育体制も充実しています。

やりがいについて

先日、一人目のお産に関わらせていただいた患者さんが、二人目の妊婦健診で来院され、お子さんが元気に成長している姿を見ることができて、とても嬉しかったです。
産後の教室等を通じて、患者さんやお子さんとの関わりをもてることが、私のやりがいにつながっています。

メッセージ

一生に何度も経験することのないお産という機会の中で、一つひとつの経験を大事にしながら、当院を選んでいただけるように、助産師として成長していきたいと思います。

赤ちゃんから高齢者まで、自宅で関わる
訪問看護師という仕事は、私の生きがいです

友愛会で働くきっかけ

十数年勤務した総合病院から訪問看護ステーションに転職して4年が経ちました。転職はとても勇気のいることでしたが、学生の頃から在宅看護に興味があり、地域で働きたいと考えていました。
訪問看護師は、利用者さんの自宅へ訪問し、住み慣れたお家で過ごせるように、一緒にケアプランを立てて支援していきます。
利用者さんやご家族の喜びを見つけ、笑顔を見るととてもやりがいを感じます。困難を感じることもありますが、スタッフと相談しあい、助言をいただきながら、業務にあたっています。

やりがいについて

訪問看護師は、赤ちゃんから高齢者まで、すべての世代の様々な疾患を対象とします。幅広い知識や技術、判断力が求められるため、様々な経験を経て看護師としてスキルアップすることができます。

専門性を高めるチャンスを活かし自身の成長へつなげていきたい

新しいことへの挑戦

「糖尿病療養支援チーム」のメンバーに加入したことにより、専門性を高めるチャンスをいただきました。
これまでは、1検体・1検査ごとで完結する業務ばかりでしたが、糖尿病療養支援チームでは患者さんを継続してみる新たな目線が求められます。患者さんの病態把握、患者指導に必要な知識・経験が乏しいところからのスタートでしたが、先輩や他職種の方々のサポートによって、自身の成長を実感しながら、日々業務をおこなっています。

友愛会のおすすめポイント

基本的に残業は少なく、プライベートな時間を確保することができます。
私の趣味は野球観戦のため、シーズン中はとても楽しみにしています。
趣味の時間が充実することによって、仕事へ向かう原動力になっていると感じます。

メッセージ

看護師さんや他職種との関わりも多い職場ですが、みなさんの温かいサポートがあり、とても働きやすい環境です。

合言葉は “チーム友愛会”

友愛会で働くおすすめポイント

友愛会に入職して最初の配属先は、老人保健施設 山県グリーンポートの支援相談員でした。老健には様々な専門職が配置されており、多職種がチームとなってケアを提供します。
チームメンバーの一員として、やりがいを感じながら仕事ができました。
その経験を活かし、現在は病院で医療ソーシャルワーカーの業務をしています。病院でも、やはり多職種がチームとなって支援をします。
友愛会では患者さん・利用者さんのためなら、部署や職種を超えて、チームでトータルサポートをすることができます。

相談援助のプロとして

経験を重ねるほど、専門スキルをもっと向上させたいと思うようになりました。
現在は更に上位の資格取得を目指し、研修会に参加しています。数年前からは、昔からやりたかった発展途上国の人たちへの貢献活動のために、海外へ出向きボランティア活動も始めました。そのような学びややりたいことのために必要なお休みも、きちんと取得することができる今の職場環境にとても満足しています。

風通しのよい職場です

友愛会の魅力

現在、私は介護科長としてスタッフをまとめる役割を担っています。
なるべく普段からスタッフとコミュニケーションを多くとり、利用者さんのケアの方針や業務上の課題も、スタッフみんなで相談をして意見を取り入れるようにしています。
現場だけで解決できないことについては、上長に相談することで経営層にまでその内容が伝わり、解決に向けたサポートを受けられます。風通しのよい職場であると感じています。

メッセージ

利用者さんと日々向き合って仕事ができるので、楽しい時間を共有させていただくことが出来ます。利用者さんから「山県グリーンポートの介護を   受けてよかった」と言っていただけた時、この仕事をしていてよかったと感じます。この感動を皆さんにも味わっていただきたいです。

安心して長く働きたいと思える職場

友愛会で働くおすすめポイント

他法人で経験して思うことは、給与体系がしっかりしていることです。
職場の人間関係もよく、上司から的確な指導を受けられる環境です。
多職種と働く中で、いろいろと新しいことを学んでいます。

働き方について

特別養護老人ホームでは、利用者さんが施設内で安心して過ごせるように支援してきました。昨年ショートステイ事業所に異動となり、在宅介護に   ついて考えることが多くなりました。
新しい環境になっても、同僚のサポートによって守られていると感じ、ストレスなく働くことができ充実しています。

リフレッシュ休暇を活用

機能訓練の職員から紹介されて、筋トレや山登りにハマっています。
リフレッシュ休暇を取ることができるので、気候が良いときには伊吹山に登りに行きたいと思っています。

ページトップ